プロフィール

k.souda

Author:k.souda
九州が生んだロッドビルダー兼フィッシャーマン、早田一貴のブログにようこそ!!

ロッドのお問い合わせ先
anglers-discover-rod.com@ezweb.ne.jp(お問い合わせは携帯アドレスにてお願い致します。)

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

まとめ

昨日のパターン

皆様お疲れ様です

本日は昨日のパターンを…

昨日の試合の前日、プラクティスに入った際にまず感じた事は「圧倒的な下筌側の魚の濃さ」

杖立側は流入河川が減水の影響によりカレントを発生出来ずにいた為と急な気温上昇+降り続いた雨の為、ダム湖の水が富栄養化によりアオコが大量発生している+タンニン濃度の濃さが影響し、魚自体の活性自体が低く生命感も余り受けませんでした…

そこで視点を比較的水が良いボディウォーターと下筌側に向けました。
その中で考えたのは「変化の無いカレントへの魚の依存性」

現在、松原ダムは原因は聞いておりませんが九州電力側の理由で向こう一年はダム湖の水の放流を止めないとの事で定期的な流れが出来ております。

ダム湖は全てそうですが、この放流時に出来るカレントウォーターと言うのは激的な釣果を生む発火剤の様なモノになります。
ですが、このカレントが発火剤になるのはあくまで「変化」としての要因でしかありません。

特に松原ダムの様な「Ⅴ字谷」の様なダム湖では定期的な同等レベルのカレントでは時が経つに連れ、魚がその環境に慣れてしまい「変化」を感じ難くなり爆発的とまでは言えない環境下に陥ってしまうと考えていました。

そこでプラクティス時に重点的に力を入れたのは「カレントに変化が生まれるスポット」探し。

減水に伴いカレントのバリエーションがある地形変化に富んだ岩盤の岬や風が吹いた際に必ず風が当たり反転が生まれるエンド等、「変化が生まれるスポット」と言っても条件を満たすスポットは多くありましたが、プラクティスの段階で最も条件の良いスポットを3つに絞り「ベースで1500gはいく」というパターンを組み、本戦に臨みました。

本戦のフライトは2番フライトの2番と良くも悪くも無い順番…
ですが今回の試合ではフライトは最後でも良い位の自信を持っているパターンだったので関係なく案の定入りたかったスポットへ入れました。

そして1時間位でベースの1500gを超え後はウエイトの底上げを図り、なんとか2kgを超え「これは行ったやろ~」と思いウェイインしましたが…

それは素敵な勘違い…

私がプラクティス時に最も「無いな…」と思っていたブイが噴き、とんでもなく良い魚が釣れていました…(-_-;)

自分自身の詰めの甘さを感じました…

ですが、試合の内容的にはやりきった感がありますね(^v^)

次戦はもっと気合を入れなおし臨みたいと思います。

っと言うワケで今日はこの辺で…
でわでわ~

スポンサーサイト

<< 芹川へ行ってきました | ホーム | 大分チャプター第一戦 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP