プロフィール

k.souda

Author:k.souda
九州が生んだロッドビルダー兼フィッシャーマン、早田一貴のブログにようこそ!!

ロッドのお問い合わせ先
anglers-discover-rod.com@ezweb.ne.jp(お問い合わせは携帯アドレスにてお願い致します。)

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

まとめ

バーサタイルスピニングシート

皆様お疲れ様です。
日々、自問自答な男早田です。

自問自答…いい傾向でもあり悪い傾向でもありますね・・・

とまぁそんな話は置いときまして今日は現在製作中のロッドに使用しようと思っている昨年デビューしたばかりの富士工業のニューリールシートVSSの御紹介です。

CAOCED1G.jpg

このVSSバーサタイルスピニングシートの略なんですが、その名の通り、バスロッドやメバルロッド、エギングロッドなど様々な分野の釣りにおいての使用を目的としたシートです。

特徴は今までのリールシートには無かった凹凸の無さ。
このお陰で非常にフィーリングが向上しています。
また見た目はSBSやIPSと似ているのですがSBSよりも軽く、IPSよりも細くシャープボディになっている為、非常に繊細な釣りをするロッドに適しているといえます。
こう言いきれるのは人間の手の筋肉というのは太いモノには力が入りやすく、細いモノには力が入りにくいというデータがあるからです。
この力が入りにくいという要素こそ繊細な釣りをする為には必要不可欠な条件となってきます。
それはここ近年のフィッシングプレッシャーと密接な関係があります。

ここ近年各地でのフィッシングプレッシャーによりアングラーの行うワームアクションは色々なの登場で進化を遂げてきました。
相羽さんのミッドストローリング…虫パターン…
今江さんのレベルストローク…

また通常のダウンショットやジグヘッド等の釣りでもアクションが進化してきました。

さて、これらのテクニック、全て違うテクニックですが一つだけ共通点があります。
それは…

ラインスラッグを使うテクニックという事です。

ラインを張り過ぎてワームに直接的な動きを伝えない様にするというのはここ近年の風習というか流れの様な気がします。

このラインスラッグをうまく使う。という点に実は先程述べた細いモノには力が入りにくいという手の筋肉の性質がリンクしてくるのです。

では、その事を少々掘り下げて解説していこうと思いましたが、長々と書くのも皆様も読むのが大変だと思うので続きはまた明日の夜中という事で…

というワケで今日はこのへんで…
スポンサーサイト

<< バーサタイルスピニングシート…その2 | ホーム | 製作開始~ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP