プロフィール

k.souda

Author:k.souda
九州が生んだロッドビルダー兼フィッシャーマン、早田一貴のブログにようこそ!!

ロッドのお問い合わせ先
anglers-discover-rod.com@ezweb.ne.jp(お問い合わせは携帯アドレスにてお願い致します。)

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

まとめ

特殊アジングロッド出荷♪

皆様お疲れ様です(^▽^)
ここ最近はウチの既製ロッドの生産をチョコチョコ行っていたのですが、先々月位に久方振りに受けた完全特注品のロッドを昨日無事出荷いたしました♪

2016_12020009.jpg
今回のロッドのコンセプトは「1.5g前後のジグヘッドを激流エリアで難なく操れる7ft6in程度のロングロッド」。
正直1.5g前後のジグヘッドを激流エリアで使う釣りは僕自身もそう云ったエリアに住んでいた事があるのでまぁまぁやり込んでいたのですが、使っているロッドは6ft3in~6ft9in程度だった為、ロングロッドの必要性を感じませんでした。
そこでユーザー様にロングロッドの利点と不利点をはっきりと伝えた上で「何故ロングロッドは必要なのか?」という事をディスカッション。
その話の中でユーザー様は思い描いているロングロッドの必要性やフィールド状況等をお話し頂き、僕自身共感出来る処がありましたので設計開始と相成りました。

僕自身ジグヘッド単体を使用するならば絶対的にエキストラファーストのソリッドティップという持論がありまして今回はそれを採用。
またロングロッドという事で通常なら2ピースになるのが世の常ですが、こう云ったライトロッドで、ましてやジグヘッド単体を使用するロッドでは2ピースにしても何一つ良い事は無いので僕のエゴ(笑)で超高弾性マテリアルを使用した1ピースのワン&ハーフを採用。

2016_12020005.jpg
これにより抜群のバットパワーとウエイトキャパシティ、また振り抜けの良さやジグヘッドを使用するのには最適なテーパーを作り出す事が出来ました。

2016_12020006.jpg
中々良い感じのティップの入り方です♪
感じ的には1g~3g程度までは余裕でウエイトカバー出来ますね(^▽^)

2016_12 020007.jpg
またガイドはAngler'sーDiscover完全オリジナルのチタンSICとチタントルザイトを使用したハイブリッド12コンセプトを採用。
これにより抜群のガイドバランスとテーパー、飛距離が実現。

2016_12020010.jpg
感度を司るシート周りも拘りの仕様。
ここ最近の僕のライトゲームロッドで多用しているスケルトンプラスシステムです♪
この仕様が今のところ感度を求めるなら一番ですね(^▽^)
ただ難点は・・・冬冷たい事です(笑)

またこれは物理的に仕方の無い事なのですがワンピースの強いロッドを作るとなると出てくる問題が「重量感」。
軟弱な直ぐ曲がってしまう様なロッドでしたらただ軽く作れば良いだけなので問題となりませんが今回のロッドでは絶対に出てくる問題です。

この問題は色々と試行錯誤し、グリップ周りを組み換え、バランス調整を行っていった結果EWBSバランサーを採用。

2016_12020008.jpg
「バランサーを付けたら感度が下がる・・・」なんて事を言う人を良く聞きますが感度はブランクスの振動を手元(シート)で受けるのでエンドに重量が来た処で対して変わりは出ないというのが僕の結論。(当然重量限度はありますけどね・・・(笑))
逆にこう云ったフロントに重量がくるロッドではエンドで調整をしてやらないと振動が伝わり難くなってしまいます。
何でもバランスってのが大事ってワケです(笑)

いやはや、構想2ヶ月と掛かってしまいましたが何とか形になりました(^▽^)
こう云った部類のロッドは世に無いですが必ず武器になるロッドが出来たと思います。
ユーザー様には是非とも末永く可愛がって頂きたいモノです♪

さ~て一通り受注分のロッド製作も完了したので次作の開発の続きを進めます♪

でわでわ~



スポンサーサイト

<< ジップベイツ動画撮影終了♪ | ホーム | ジップベイツ動画ロケ初日 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP