プロフィール

k.souda

Author:k.souda
九州が生んだロッドビルダー兼フィッシャーマン、早田一貴のブログにようこそ!!

ロッドのお問い合わせ先
anglers-discover-rod.com@ezweb.ne.jp(お問い合わせは携帯アドレスにてお願い致します。)

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

まとめ

リッジ35「KSインパクト」コンセプト説明

皆様お疲れ様です(^▽^)
本日は今期発売予定ジップベイツ リッジ35シリーズの僕の色「KSインパクト」のコンセプト説明をさせて頂ければと思います。

2016_10210001.jpg
(商品版はクリアイエローがもう少し濃くなっています。)

今回の色を作る上で求めたのは僕のメインフィールドで冬時期にかなり起こりやすい海が荒れた際の潮濁りや雨後に濁った水質の際に効果を発揮するインパクトのある色という事。

僕のメインフィールドである大分県は非常にフィールド条件が良い処が多く、その恩恵で地域でかなりの格差はありますがメバルのストック量は非常に多い恵まれたエリアです。
そのフィールドの中で僕が行くのは「誰でも行ける足場の良いポイント」というのが基本多くなります。(もちろんタマには磯登りもウェーダーを履いて立ち込んだりもしますがね(笑))

それらのポイントで冬場にどうしても多くなるのが北西風が吹き荒んだ際の潮濁り
特に遠浅のポイントや磯場が絡んでいるポイントなんかでは多くなります。
そう云った時には水質が濁る事によってどうしても光量が少なくなりメバルも表層に出難くなります。
今現在、世の中には色々なカラーバリエーションのルアーがあり、僕もその中から色々と使い分けながらこう云った状況を打破しようと釣り込んでいるのですが釣れる事は釣れるのですが正直どのカラーも爆発力に欠けるというのが率直な感想でした。

「何とか人より釣れるカラーは作れないものか・・・」

そこで浮かんだのがブラックバスの世界で6~7月の梅雨時期の雨後水質で効果を発揮する色、「ディープパープル」(厳密に言えばディープバイオレットと呼ぶべきでしょうが・・・)
雨後の水質というのは言わずもがな皆さんご想像の通り「濁り水」や「泥水」となり、これらの為、水中の光量は減少します。
こう云った光量の少ない水質の時に水の中で残りやすい(見えやすい)色というのは波長が短い光と言われています。
これはかの有名なニュートンが発見したスペクトルにより証明されており、そのスペクトルの中で一番波長の短い色とされるのが「青紫」となります。
その理論を基に僕自身で塗装を施したテストショットを使い込んでいった実証の実績から今回このディープパープル最も際立たせたいヘッドの頭頂部に採用しました。
そして次にクリアパープルを入れる2部構成。
これがパープルの面滅効果を生み、ミソなのが最後の濃いクリアイエロー

この濃いクリアーイエローがもたらす効果の説明として、まず先程述べたスペクトルというのは色の順があり、それは色相環という環で表す事が出来ます。
その環の中で相対する色というのはお互いを際立たせる効果があり補色と呼ばれます。
この理論を利用し、ただでさえ光量の少ない濁り時に際立つ色であるディープパープル更に際立たせる為にこの「ディープパープル」の補色であるイエローを配色しました。

2016_10210004.jpg

この色は僕がジップベイツさんにお世話になりだした3年前より「いつかは自分のオリカラ」として出したいと想い、自分でルアーに塗装を施し色々と試行錯誤してきました。
そして、度々のテストを同シチュエーションで行い出した僕の答えがこの色です。
この色は今まで作らせて頂いた前2色と比べると非常に賛否両論が激しい色だと思います。
そんな敬遠されるかも知れないカラーですが全国的にも全くの無名の僕の意見を尊重しチャレンジして頂いたジップベイツさんには本当に感謝の言葉しかありません。

常に「釣りに関しては一意専心、実直」に生きてきた僕が出した厳しいシチュエーションで釣る為の回答「KSインパクト」

皆さんがいつも使われるカラーローテーションの一角に入れて頂ければ幸いです。

またこのカラーが効力を発揮する釣り方は従来のリッジシリーズと同じ使い方で十分です。
リーリングで使っても良し、ステイで使っても良しですが敢えて言うなら35Fは是非連続トゥイッチからのストップモーションを入れるという使い方をしてみて下さい(^^)
このリッジ35Fが釣れる特徴は潜らせた後、フローしてくる際の小刻みに「ブルッ」と震える所謂「自発的な動き」にあると僕は思っています。(様々な処でもう2~3年言い続けているのでもう皆さんご存知ですね(笑))
その際にアタックしてきたメバルは全部獲れる様に考えると「色の残像をどう利用するか」という考えになるので、その結果僕のプロデュースするカラーは今の処全てヘッドに塗装が施され、リヤはクリアというカラーリングになります。
この理論と実証は説明しだすと長々なるので、もし興味のある方はまたの機会にご説明させて頂きますね(笑)

兎に角、このルアーは「色々な使い方をしてこそ活きる」ルアーだと常々感じていますので是非固執せず色々な可能性を引き出してみて下さい(^▽^)

そして上で説明した使い方以外に「これは!!」という使い方があればコソっと僕にも教えて頂ければ嬉しいです(笑)

今期のメバルシーズンもあと少しで開幕です。
メバルシーズンの到来を待たれている皆さん、是非今期はリッジ35シリーズ「KSインパクト」で良いシーズンをお送り下さいね♪

でわでわ~



スポンサーサイト

<< アジングシーズン入ってます♪ | ホーム | 雨の中ですが・・・ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP