プロフィール

k.souda

Author:k.souda
九州が生んだロッドビルダー兼フィッシャーマン、早田一貴のブログにようこそ!!

ロッドのお問い合わせ先
anglers-discover-rod.com@ezweb.ne.jp(お問い合わせは携帯アドレスにてお願い致します。)

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

まとめ

アジングロッド「The Durandal」

皆様お疲れ様です(^▽^)

本日は遂に完成致しました、全く新しい考え方から産まれたアジングロッド「The Durandal」の御紹介です。

2016_06140001.jpg


「The Durandal 実釣VTR」

今ロッドのコンセプトは「啄むだけのアジを攻略する」という事。
この「啄む」というアタリは産卵期や海水温の塩分濃度が下がっている所謂「水潮」状態の時等に起きる「渋い喰い方」。
この様なバイトをモノにする為には世の中にある所謂「パッツン系」の感度は良いが張りのあるアジングロッドだと、どうしてもアワセ時やファイト時に口切れを起こしてしまいキャッチ率は下がってしまいます。

2016_03120010.jpg

またこう云った時に有効となるのが1g以下のジグヘッドを使った流れに乗せてドリフトさせるメソッドやスローリトリーブで引いてくるメソッド。
上記の様な軽いリグを使う上で重要になるのが「比重の高い細ライン」だというのは僕の見解。
つまり1.5lb以下のフロロカーボンラインやエステルラインが絶対的に必要になります。
感度が良くてハイプレッシャー化でも口を使わせやすい細いライン。
しかし、細いが故に、感度が良い(伸びない)が故に「切れやすい」というデメリットがあります。

2016_01040009.jpg

それらを考えた上でヒントになったのが僕が愛してやまない「バスフィッシングのトーナメント」

バストーナメントに参戦する上で「細いラインを使用したフィネスリグ」というのは良い成績を残す為に必要不可欠。
しかし、タックルバランスを考えなければ直様ラインブレイクしてしまうという怖さもあります。
そんな中、僕が開発したのがこの子達。

2016_06140004.jpg
上から芹川カスタム(ロングソリッドティップ)、スラックSP(オールソリッド)。そして一番下は今回のDurandalの基となったSerendipity soudaーProーModel。
芹川カスタムとスラックSPはMAX2.5lbのフロロカーボンラインを使用したジグヘッドリグを使用する為に開発したモデル。
ロングソリッドティップ、オールソリッドの「反発力がチューブラーより低く曲がってくれる」という特性のお陰でラインに対する負荷が減衰する為、デカイバスでもラインブレイクなく取り込ませてくれました。
これはベイトフィネスにも繋がる理論になります。
この「減衰理論」こそが今回のDurandalにとって核と呼んでも過言では無い理論です。
多分、バスフィッシングを本気でやり竿作りをやってきたからこそ得た知識だと自信を持って言えます。

その「減衰理論」を僕の自信作であるSerendipityを進化させたSoudaーProーModelにインスパイアし、Serendipityの感度を更に高めベンドカーブも一から見直しました。
その結果、「啄む」様なアタリも確実に喰わせ、フックアップに持込みランディング出来る態勢が整い、エステルラインや細いフロロライン等の伸びがないが故に切れやすいラインでもロッドがしっかりと曲がってくれる事によりラインに対しての負荷が減衰する為、ラインブレイクも激減させる事で、キャッチ率を従来のアジングロッドを使用した際とは別次元で向上する事が出来ました。

また、飛距離の方もライトラインの使用を考えた独自の「フィネスコンセプト」を纏う事により軽いリグでもストレスなく飛んでいきます。ここら辺は僕の作るロッドでは手前味噌ですが当然です(笑)

また、これは良く言われる事で「何故チタンティップじゃないのか?」という事に関してですが、ズバリ言うならば僕はチタンティップに対しては殆ど必要性を感じていません。
確かにチタンは非常に軽い金属素材ですし伝達力が良くなるという事は理解は出来るのですが、いざロッドとして組んでみるとカーボン繊維の方が圧倒的に軽いですし感度も大差無いと感じます。(例えチタンが感度が良いと感じてもそれは金属が故の重さからくる物かなと思っています。)
またこの事が僕の中でチタンティップを使わない大きな理由なのですが、チタンティップはその重さ、特性が故にどうしても「ダルさ」が出てしまうのです。
これは金属の為、致し方無いのですがこの「ダルさ」は大きくロッドのフィーリングを下げてしまいロッド全体がダルく感じてしまう要因になりかねません。
これらは数手的な物ではなく(数値で出せば慣性力もかなり下がるでしょうが)僕が今まで作って釣り込んできた「現場主義」で得た感覚なので「机上の空論」では無い事が自信を持って言えます。

以下、仕様詳細となります。

2016_06140003.jpg

型式:ADS-63SULLZS
長さ:6ft3in
ルアーウエイト:~1/16oz
ロッド重量:約71g
コードネーム:「S.P.Spec」
ガイド仕様:ティップ~ベリー(チタントルザイト)、ベリー~バット(チタンSic)
リールシート仕様:SKSS+アルミシート
リヤグリップ:ハイグレードコルク
価格:¥35000(免責補償無し)

2016_06140002.jpg

今現在市場にあるアジングロッドとは間違いなく一線を画した存在となる「Durandal」
このアジングロッドの新たな世界の幕開けとなるこの子の能力を是非ご体感下さい。

2015_12120006.jpg

現状では初回10本程生産予定としています。(次回は未定です。)
皆様のご連絡、心よりお待ちしています。






スポンサーサイト

<< 渋アジの為に・・・ | ホーム | トップの季節です♪ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP