プロフィール

k.souda

Author:k.souda
九州が生んだロッドビルダー兼フィッシャーマン、早田一貴のブログにようこそ!!

ロッドのお問い合わせ先
anglers-discover-rod.com@ezweb.ne.jp(お問い合わせは携帯アドレスにてお願い致します。)

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

まとめ

サポートを受けるという事

皆様お疲れ様です。
今日は少々真面目なお話し。

先日、釣具屋に行った際にふと手に取り、読みふけってしまった一冊。
2015_03120001.jpg
月刊ルアーマガジン。
某大型ルアー専門釣具店のスタッフだった頃には見聞を広げる為にいつも読んでいましたが、今となってはこう云った類の雑誌はあまり読まなくなっており・・・
そんな僕がこの記事で10年振りに同誌を購入。
そんな僕の興味を引いた記事とはP103の今江さんの書いた「2015フィッシングショー雑感」の中の「メーカーに必要とされないトーナメントプロ」という記事。

この記事には要約すると「トップカテゴリーに居るから、成績が良いからと云って必ずしもメーカーの売上に直結する時代では無い」という事が書いてある。

この風潮は既に日本の産業が衰退しだした大きなタイミングである姉歯耐震偽造やリーマンショックの更に前より段々と感じ出していたモノではあるのですが、昨今になり拍車が掛かっている感は否めない。
確かにトーナメントプロだから、強いからと云ってモノを売る力のある人間はかなり少ないと思う。
ですが一般アングラーから見れば「強いプロがプロデュースした」とか「あのガイドさんや釣りウマな人がこれを薦めている」というのは購買意欲を促進させるのに必要なファクターだと僕は思う。
僕の周囲には淡水海水問わず有難い事に素晴らしいアングラーが多く存在する。
ですが、その全てが一般アングラーの方々に「購買意欲を促進させられる存在」かと問われれば、その数は15~20人と少ないのかも知れない。
では、その方々が何故そう云った存在なのかという事を考える。
その中で浮かんだ事は「誰でも寄り付く空気を持っており、必死に釣りに精力を注ぎ、そして誰よりも釣りを楽しんでいるアングラー」という事。
上記において当然強ければそれにこしたことは無いが、このファクターはオプションの様なモノだと思う。
それよりも大切な要素が上記なのではと考える。
非常に簡素で安直なインスピレーションかも知れないが、モノを売る事が出来る人間という根本はそんなに複雑なモノでは無い。
これは僕の表の仕事である商社マンの経験からも言える事なので間違いはない。

これらの事を踏まえてこの記事を読んで考えた事は「自分自身の事」。

僕も無名に近い存在であるにも関わらず、数社の寛大なメーカー様にサポートを頂きながら釣りをさせて頂いている。
いつもいつも非常に手厚いサポートを頂いているにも関わらず、僕はそのメーカー様方に何かを還元出来ているだろうか?

僕の性格は干支が猪という事からかどうなのかは分からないが「猪突猛進」型。
特別な才能も無いが人よりもただ頑張るという事は出来る為、確実に今まで命を削って時間ある限りフィールドへ立ってきて、また自身の唯一の得意分野であるロッド作りに活かしてきたという自負だけはある。

また僕自身、地元誌に毎月ページを頂き記事を掲載させて頂いている中で心掛けている事は「絶対に偉そうな文章にはしない」という事。
理論で固めた「俺ってこんなに知ってるんだぞ」と知識をひけらかす記事というのは、書くのはとても簡単です。
けど僕自身、そんな記事を読んだってダグ=ハノンの様に他を逸脱してその分野の専門家でも無い限り面白みも何にも無い。
それよりも僕は僕の記事を読んだ方々が「早田でも釣れるんやったら、この釣りやってみっか!!」や「こいつ楽しそうに釣ってんな~」と思って頂ける事の方が大事だと思うし、そんな存在でありたいと思う。

ですがこれらの活動をしてきたからと云って僕自身が周囲のアングラーの方々の購買意欲をどれだけ促進出来ているのかは疑問を感じる。
「まだまだやらなければならない事は沢山あるのではないか」と自分自身の問う。
有難い事に僕の記事や僕のブログを見て「この前使っていたヤツ買ってみたよ!!」というお声を頂く事は意外にも多少はある。
ですが、まだまだサポートメーカー様方に恩返しは全然出来ていないと思う。

残念ながら僕はチャプターには出ているがトーナメンターでは無い。
ライトソルトウォーターメインとした上でバスと渓流等を楽しむ人よりも少し多くフィールドに立っており、少しだけ周囲に恵まれているイチマルチアングラーに過ぎない。
ですがそんな僕だからこそ出来る事があると思う。

ソルトウォーターにしてもバスにしても渓流にしても、メディア活動にしても自身がやるイベントにしても今後は今まで以上に自身の立ち位置を考え活動を行いサポートを頂いているメーカー様方に「早田をサポートしていて良かったな」と思って頂ける存在にならなければならないと今江さんの記事を読んで強く感じました。

その為にはまずは自分自身の人間性を磨くのが先ですかね(笑)

少しでも多くの方々に見て頂けるアングラーになる為に頑張ろうと決意を新たにしたのは言うまでもありません。

今後も不束か者では御座いますが早田一貴を宜しくお願い致します(笑)

っという訳で今からメバル釣りです♪
でわでわ~



スポンサーサイト

<< メバルのちヤマメ・・・ | ホーム | メバルトップゲーム始まります!! >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP