プロフィール

k.souda

Author:k.souda
九州が生んだロッドビルダー兼フィッシャーマン、早田一貴のブログにようこそ!!

ロッドのお問い合わせ先
anglers-discover-rod.com@ezweb.ne.jp(お問い合わせは携帯アドレスにてお願い致します。)

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

まとめ

新ジャンル導入♪

皆様お疲れ様です(^▽^)

週末アングラーのソウダです♪

本日は家の近くの中古釣具屋さんに赴き頼んでいたブツを引き取り♪

1528032650473.jpg
12’オシアジガー1501HGです。

実は今期からスロージギングなるモノもチャレンジしてみようと思いまして・・・
如何せんジギングはまだまだ修業中のジャンルなのですが最近周りが結構良い釣果を出しているので興味本位でやってみようと思い立ちまして・・・(笑)

とりあえずロッドは自分で作りました(笑)
市販の竿は正直僕には弱すぎて扱うのが怖かったので(笑)

っというワケで今期は新ジャンルのスロージギングに挑戦します♪
でわでわ~

スポンサーサイト

ロックフィッシュコンプリート!!

皆様お疲れ様です(^▽^)
週末アングラーのソウダです♪

今期新たにメバル&アジ用で使い出したL.S.D.Designsのこのバッグ。

2018_03280001.jpg
ロックフィッシュコンプリートType1

正にロックフィッシュ向けに作られた「痒いトコに手が届く」バッグとなってます♪

一番のこのバッグの特徴はココ。

2018_03280007.jpg
メインポーチに保冷剤をセットすれば釣れた魚を即ストック出来るフィッシュキーパー標準装備♪
これは機動性に富むので結構助かるアングラーは多いのでは!?

またこのフィッシュキーパーは外す事も出来・・・

2018_03280006.jpg
大容量ポーチに早変わり♪
僕の様な釣り場で色々とパターン模索する様なアングラーにはこの大容量はメチャ助かります♪

また、他にも嬉しい特徴があり・・・

2018_03280002.jpg
まずは通常オプションのフィッシュギアスクエアポーチが標準装備♪
ここにフィッシュグリップなんかを入れておくと凄い便利ですよね(^▽^)

2018_03280003.jpg
続いてこれまた通常オプションのボトル&ロッドホルダーも標準装備となってます♪
まさに「もってけドロボー」的な(笑)

2018_03280004.jpg
またフック等を入れるサブポーチも中々の大容量振り♪

いやはや、実に使いやすく重宝しております(^▽^)
良いバッグが出たもんだ♪

「メバル&アジ用のバッグを悩んでんだよね~」という方々、このバッグオススメですよ♪

っというワケで今日はこの辺で・・・
でわでわ~


リッジ35アニバーサリーモデル早田カラー紹介♪

皆様お疲れ様です(^▽^)

週末アングラーのソウダです。
今回は今年の新製品であるリッジ35シリーズの限定モデルのご紹介です。

1513083000783.jpg
今回リリースされたのはリッジ35HF(ハイフロート)、S(シンキング)の2機種。
実は今年でリッジ35メバルシリーズが発売されて10年というアニバーサリーイヤーを記念して今年限定でこの2機種の発売と相成りました。
この記念すべきモデルのカラー展開は全10色。
その内5色が僕が作った色っていうね、いやはや何ともありがたい事です♪

で、その内の今年出させて頂いた僕プロデュースのカラー3色のご紹介(^▽^)

・・・の前に今年の色のテーマをご紹介。

昨年のKSインパクトは万人受けはしないが僕が絶対に必要だと思っているカラーを作りました。
そして今年は「ローテーションの軸になるカラー」という事で作らせて頂きました。

これはあくまで僕の考察なのですが通常メバルをワームで狙う際に一番最初に選ぶワームの色の条件として「フィールドを選ばず逸早くメバルにアピールし長く口を使わせる事が出来る」という事が挙げられます。
その色の代表格が所謂「グローカラー」。
多分、この色を一番最初に選ばれるアングラーの方はかなり多数派かと思います。

このグローの良い所は元々膨張色の為、そのボリュームから視覚的なアピール効果をもたらす事が出来、また一時的に蓄光させる事により更なるハイアピール効果を発揮する事が出来ます。(まぁ蓄光させるとスレるのが早くなるので僕はあまり蓄光させて使いませんが・・・(笑))

ですが、このグローという色はワームでは非常にポピュラーな色かと思いますがプラグでは意外な程少ない。
ここ最近の見てみるとプラグに置いてはソリッドカラーすらも少なく反面「クリア系カラー」がかなり多いかと思います。
これはプラグが最も強くなるシラスパターンやアミパターン等でそれぞれの対象物をイミテートするのにクリア系カラーならではの「光の屈折」を利用する事が必要不可欠だからであって、確かに理にかなっているカラーかと思いますし僕自身もかなり多用しています。

ですがこのクリア系カラーの弱い処は光量が少ない所では少々効果が弱くなってしまいます。
今回こう云ったクリア系の弱い処をカバーし、シチュエーションを選ばずに使えるカラーという事でグロー系を主体にカラープロデュースを行いました。

今年僕がプロデュースしたカラーは下記の3色。

1513083010396.jpg
➀チェリースパークル
暖色系の光量のある処で威力を発揮するピンク系です♪

1513083017248.jpg
②メロンスパークル
白色灯や光量ゼロエリアでかなり使えるグリーン系。一番汎用性は高いカラーです。

1513083024856.jpg
③ブルーベリースパークル
昨年のカラー「KSインパクト」を継承したステイン気味の水色や光量が著しく少ないエリアで効果を発揮する紫系。

この3色展開となっております。
それぞれ一応色の違いはありますがベースはグロー系となりますので基本的には場所を選ばず使えるカラーとなっています。
まぁ裏話として実はこれらの内1色だけ発売する予定だったのですが余りに良い色になったので全部GOが掛かったのは内緒の話・・・(笑)

今回のカラーのコードネームは「スパークル」
このスパークルという単語は直訳すると「煌き」。
この煌きを実現する為に少し思考を施しております。

1513083030930.jpg
それはコレ。
グローを両面のみに吹き、背と腹を中抜け(クリア)にしています。
これは既に定番化されている岩崎君プロデュースの「りんたこカラーシリーズ」が採用している物です。
同じメーカー内のカラーですし非常に理にかなっているカラーなので「良い物はパクる!!」という感じで採用しました(笑)

この中抜けの効果によってルアーが動いている時にグローの面滅が起こる為、これが「煌き」となりメバルにアピールするというワケです。

今回の早田プロデュース「スパークルカラー」3種。
是非皆様方のボックスの仲間に入れてやってくださいね♪
メチャ良い仕事をしますよ~(^▽^)

でわでわ~




早田的鯛ラバフック考察

皆様お疲れ様です(^▽^)

週末アングラーのかっぴです♪

本日は僕が今期取り組んでいた「鯛ラバのフックシステム考察」のご紹介です(^^)
僕自身、「フック」は非常に好きな分野でして探求し出すと結構のめり込んでしまいます(笑)
だって誰よりも釣りたいし折角掛けた魚は捕獲したいですからね♪

2017_09220008.jpg

さて、今回僕が産み出したフックシステム「S.O.Hシステム」
Side-Out-Hookingシステムという略になるのですが、その名の通り故意的に針を魚の外側面に掛けるというモノです

2017_09040011.jpg

真鯛に精通されているアングラーであれば周知の事実ですが真鯛は非常に針外しが上手で「針外しテクニシャン」の異名を持つ程(笑)
僕自身、折角掛けたのに大事な時に限ってバラすという事が多くありました。(そう・・・特にテレビ収録の時は痛かった・・・(涙))
僕みたいな週末アングラーは平日は仕事をしているので当然釣りに行く回数は限られます。
当然、折角掛けた魚をバラてしまうなど週明けからの仕事に影響が出まくる事間違い無しですからね(笑)

2017_06250001.jpg

このフックシステムが思い浮かんだのは、やっぱり「バスフィッシング」から。

2017_06250002.jpg

クランキングやジャークベイト等を使う際に「針一本掛かり」という事が時折あるのですが、その際にやり取りの最中、他のフックを側面に掛けるという技術からヒントを得ました。

今回はそのフックシステムを鯛ラバを愛する皆様方の為に大公開しちゃいます♪
もし、これでバレたら諦めてください(笑)

2017_09300001.jpg
まず用意するモノはケプラー糸。
正直、どこのモノでも構いませんが僕が愛用するのはシーハンター8号。
中々のハリとコシで良い印象を持っています。
っというか僕の行動範囲の釣具屋さんにはコレ以外売ってません(笑)

2017_09300003.jpg
僕は鯛ラバはもっぱらレイン 鯛レボシリーズしか使わないのでシステムを組むのに必要なスライドパーツ♪
鯛ラバチェンジも凄い楽だしフック交換も楽です(^▽^)
重宝してます♪

2017_09300002.jpg
そして大事な使用フック。
向かって左からハヤブサ マイスターフックM、がまかつ サーベルポイントS、オーナーばり ジガーライト真鯛向こう合わせ10号。
市場で売られているフックシステムは同じフック、違っても精々サイズを変えている位ですが僕のシステムはそれぞれ違う針の特性を加味したモノ。
此等のフックをそれぞれの意味合いを持たせて配置します。

2017_09300004.jpg
配置はこんな感じ。
まずファーストセクションは一番重い(重量はわかりません(笑))オーナー ジガーライト真鯛向こう合わせ10号。
この針は軽い力で貫通しやすく、力をホールドしやすく、3種の中では一番軸が太いので丈夫なのですが重量がある為、
ケプラーの長さの利でスカートと同調させる為にファーストセクション。
ファーストセクションの役目はとりあえず口の中に針掛りさせる事なのでこの針で良いかなと♪

次にセカンドセクションはがまかつ サーベルポイントS。
セカンドセクションの役割はとりあえず内でも外でもサブ的に掛ける事だと思っているので短いケプラーでもスカートと同調させる為に軽さと鋭さを持った針という事でこのサーベルポイントSを選定しました。
因みにこの針の重さは153.9mgとかなり軽い♪
刺さり的にはこの針が一番良い印象を持ちますね。

最後に極めつけのサードセクションはハヤブサ マイスターフックM。
サードセクションはこのフックシステムのキモでして役割はズバリ「外掛け」。
魚というのは口に掛かっている針に関しては首振りやエラ洗い等で外すのが上手なのですが外に掛かった針に関しては外すのがかなり困難。
っという事でここのセクションの理想の針の形はゲイプに余裕がありポイントが短く少し開き気味、そしてアウトバーブ。
針はあくまで口に掛ける事を目的としているので、およそ最初から外に掛けるのを目的とする針なんか中々無い訳で色々と探した結果、一番近い形がこのマイスターフックでした。
まぁ欲を言えばもう少しポイントが短く外を向いていて欲しかったかな(笑)

またT.P.O.に合わせてファーストセクションには某社の針を使う事があるのですが、この針は岡山の某プロショップのU店長に教えて頂いたのでここでは内緒(笑)

2017_07290006.jpg

っとまぁこの3つの針から織り成す「S.O.Hシステム」を考え出してからは、はっきり云って獲れる真鯛の数は格段に上がりました♪

2017_07290004.jpg
ホラ♪

2017_09300010.jpg
ホラ♪♪

2017_10080007.jpg
こんな掛かりをやり取りの仕方によって意図的に産み出す事によってバラシは激減します♪

ん・・・「やり取りの仕方」って・・・?

そう、このフックシステムを最大限に活かすには「ファイトの仕方」が必要不可欠(^▽^)
その仕方とは・・・皆さんで試行錯誤してみてくださいね(笑)
凄い簡単な事ですから♪

まぁ正直、もっと良い針が出来れば更にキャッチ率は上がるかと思いますが今の処他に目星いモノは無いので・・・
願わくば僕の考えるフックを作り出す機会があれば良いのですけどね(笑)
まぁコレは長い眼を見てという事で・・・

IMG_1732.jpg
これからシーズン終盤を迎える鯛ラバゲームですが、最高の一枚を是非手にしてくださいね♪

っと云うワケで今日はこの辺で・・・
でわでわ~



X-TRIGGER発売♪

皆様お疲れ様です(^▽^)

週末アングラーのかっぴです♪

本日の投稿はズバリインプレ(笑)

ジップベイツから今秋発売されるニューウェポン「X-TRIGGER」のご紹介です♪

2017_10010001.jpg
サイズ:62mm、ウエイト:7.8gと小ぶりですが中々ピリリと辛いヤツ♪
MAG-DRIVEとルアーバランスが相重なり驚くべき飛距離を実現します(^^)

2017_09040006.jpg

またX系のルアーアクションは様々なターゲットを誘惑。
元々チヌ専用に開発されていますが、シーバスやメッキ等にもイケてます♪

2017_09090009.jpg
これから河川ではチヌは終盤戦、シーバスは最盛期を迎えます。
このX-TRIGGERはスモールベイト時の切り札になる事を確信しています。

是非、皆様のフィールドでコイツのポテンシャルの高さを体感してください♪

X-TRIGGER←詳しい商品紹介はコチラ♪

でわでわ~


| ホーム |


 BLOG TOP  » NEXT PAGE